カテゴリ

HOME > BLOG

BLOG

大阪 堺市 子育て世代の家づくり / 大阪のデザイン住宅なら Coo Planning




気がつけば、子育て世代の家づくり。

 今までに設計監理をさせていただいた実施例を見ると、
小さなお子様がおられるご家庭が多いなって、改めて気づきました。
特に意識をしていた訳ではないのですが、”子育て世代の家づくり”が多いんだなと。
 共通しているのは、
ご依頼を受けるときは、びっしりとご要望の書かれた文書をいただくことは、まずなくて、
漠然と”かっこいい家”を求められるお施主さまが多いです。
私としては、単純に、”かっこいい家”をつくっていると思っていただけていることは、とても嬉しいことです。
 子育て世代の家づくりで共通していることは、予算が潤沢ではないことです。
これは、住宅ローンも含めて予算を融通できない、ということでなく、
やはり、これから必要になってくる子育てのために、お金を回そうということです。
私は、それが正解だと思っています。
家は、”住めば都”という言葉があるように、”どうやって暮らすか”ということが最も大切なことで、
暮らし方も含めたライフスタイルが、”かっこいい家”につながっていくんだと思っています。


写真は、浜寺の家(大阪府堺市にて)
お子様がまだ1歳のとき、住宅新築のご相談を伺いました。
いずれ2人目も欲しいと希望されていたので、子供2人を想定して設計を進めました。

外観の様子。
hara03301.jpg

内観の様子。1階LDKスペースです。
hera0012.jpg

ha_0242.jpg

ha_024427.jpg

中2階から、上2階を見ています。
子供部屋には、固定の間仕切りは設けず、可動引き戸で構成しています。
ライフスタイルに合わせて、オープンな暮らしができるよう配慮されています。
hamadera-coo006.jpg




bnr_mail.png




奈良のデザイン住宅なら / 大阪の設計事務所 一級建築士事務所 Coo Planning





生駒山荘   別荘リノベーション


売りに出されていた平屋建てを購入され、内装をリノベーションさせていただきました。
もともとは、地域の老人施設として利用されていた建物のようです。
リノベーションを終えた現在、外国人家族が、日本での滞在時に別荘として利用されています。
外国人家族のための住宅設計なんて、そうあるものじゃないので、出会いに感謝です。
暑い夏の日に、初めての現場調査に伺ったことが懐かしいです。
キッチンを中心に手を加える予定が、気づくとリビングダイニング、ダイニングテーブル&チェア、
和室、洗面、トイレ、浴室、離れ、ガレージと、広範囲に手を加えることができ、

新築なみの予算を任せていただき、大変貴重な経験をさせていただくことになりました。


写真は、リノベーション完了後のLDKを見ています。
ダイニングテーブル&チェアは、家具工事として、オーダーにて製作しています。
キッチンも、オーダーにて製作しています。
キッチン面材は、木目が美しいウォールナットでデザインしています。
床材及び壁紙は、すべて張り替えています。ブラックをベースにコーディネートしています。
照明器具は、いろいろ悩んで、西洋的でもなく東洋的でもない、マユハナをセレクトしました。



一級建築士事務所   Coo Planning

IMG_434997.jpg

IMG_439952.jpg

IMG_699897.jpg




大阪の狭小住宅なら / 大阪の設計事務所 Coo Planning




大阪市の狭小住宅なら

大阪市内からの新築のご依頼をお伺いすることが多くなっています。
限られた予算設定のなか、大阪市内で土地を探すとなると、やはりあまり大きな土地を望むことできません。
だから、郊外に暮らすのかとなると、都心の魅力を知っているご夫婦には、なかなか踏み切れませんね。
私もそんな都心好みな一人です。
だから、小さな敷地であっても妥協しない家を考えています。
いくつか大阪市内の狭小住宅を手掛けさせて頂いている間に、狭小住宅が得意分野になっています。
決して狙っていた訳ではないのですが、今までのお施主様のお陰ですね。


写真は、千代崎の家(大阪市西区にて)
8坪の狭小敷地に建てられた個人住宅です。
3層のフロアから成り立つ、木造2階建て スキップフロアの構成です。


外観の様子です。
1枚づつ張り上げた、板貼りで仕上げています。

tiyo.001.jpg

玄関引き戸で、シンプルな構成に仕上げています。
1bb738d69c96259dde0e6825c7027e2c.jpg

1階内観の様子です。
限られたスペースの中、4メートルの吹き抜けを設けることで、広がりのある空間を構成しています。
tiyo084.jpg

こちらも、1階の内観の様子です。
白い塗り壁とラーチ合板でメリハリよく仕上げています。
tiyo089.jpg

スチール階段を採用することで、自由なレイアウトを表現しています。
無駄に見えるスペースは、実は空間の余白となり、限られた空間に広がりを与えています。
tiyo090.jpg





bnr_mail.png




神戸市 東灘区 子育て世代の家づくり / 大阪のデザイン住宅なら Coo Planning





子育て世代の家づくり。


シンプルに考えることを心がけています。
間取り、素材、外観のカタチ、設備機器、お金など、
住宅を構成するパーツすべてについて、シンプルに考えたいと思っています。
その上で、魅力的な住空間をつくることを考えます。


写真は、甲南の家(神戸市東灘区甲南山手にて)

1枚目:
正面外観を見ています。地下1階地上2階ロフト付きの個人住宅です。
黒のガルバリウム鋼板でシンプルに構成しています。
2枚目:1階から2階へのシースルー階段を見ています。木造階段とスチール手すりの組合せです。
3枚目:2階キッチンから、リビングダイニングを見ています。大きな開口で自然光を取り込んでいます。
4枚目:2階浴室を見ています。黒のタイルと白のバスタブを組合せています。



一級建築士事務所 Coo Planning

7kounan_01.jpg

7kounan_08.jpg

7kounan_10.jpg

7kounan_14.jpg




 
 
 bnr_mail.png                  







 
          
 

大阪の中古住宅建替なら / 大阪の設計事務所 Coo Planning




既存住宅の建替

現在、お住まいの住宅を解体撤去の上、新築の計画をさせていただきました。
完成までの間は、近くの賃貸へ入居されました。
細長い敷地に対して、2階建ての木造住宅を計画しています。
1階にLDKと浴室など水回りを配置し、2階に3つの寝室をレイアウトしています。
クルマ一台分のインナーガレージと、玄関スロープを設けています。
将来のクルマ椅子などにも対応できるよう配慮しています。
外観は、セメント系サイディングとしていますが、異なる素材感でデザインしています。
角度のついた三角屋根とし、周辺の住宅とは、少し違った佇まいを与えるよう考えています。


住吉の住宅(大阪市東住吉区遠里小野にて)

sumi_5020.jpg

sumi_5026.jpg

IMG_5095.jpg

IMG_5068.jpg

IMG_5100.jpg





bnr_mail.png





大阪で30代で家を建てるなら / 大阪の設計事務所 Coo Planning




                                      
 
 
『 30代で家を建てよう!』

 
個人の住宅だから、常識破りのプランでも、自分たちさえ納得できれば、OK。
家族の関係がよければ、どんな空間も住みこなせます。
都市の住宅は、敷地も予算も難条件は普通のこと。
Coo Planningは、そんな想いに対して、常にまっすぐに向き合います。


良質で手の届くデザイン住宅を。
 
IMG_32069.jpg

IMG_30278.jpg

IMG_30290.jpg
 

 
 
家族、友達、仕事、ファッション、食べ物、旅行。
日々の暮らしを楽しむことに、興味が尽きることはありません。
もっと自分らしく。
 
 
建築設計事務所との家づくりを、もっと身近に。もっと楽しく。もっと丁寧に。



スクリーンショット 2015-12-23 14.10.24.png                           







 
          
 

大阪の土地探しからの注文住宅なら / 大阪の設計事務所 Coo Planning




三国の住宅 新築工事 ー 大阪市淀川区三国本町にて


昨年の4月末にホームページよりお問合せをいただき、設計監理を進めてきた三国の住宅が、
先日、無事引き渡しを済ませることができました。
若いご夫婦と3人の子供たちの住宅です。
大阪市内で家族5人が暮らす住宅を土地購入から新築することは、予算面からハードルが高くなりますが、
なんとか乗り切ることができました。
Coo Plannimg が自信を持ってお届けする都市型木造3階建て住宅です。
家族5人 子育て世代の家づくりです。



設計監理:一級建築士事務所 Coo Planning
施工:伊藤嘉材木店


1階の様子を見ています。
リビングダイニングキッチンを、1階にレイアウトしています。
右手には、小さなお庭のスペースを設け、植樹を施しています。
植樹の写真は、まだ手元にないので、5月に撮影に伺う予定ですので、またアップいたします。
リビング上部には、2階の子供室とつながる吹抜けを設けて、
声をかけると、聞こえる距離感になっています。

aI_6412.jpg

IMG_6256.jpg

mi_6175.jpg

3つの子供室を2階にまとめてレイアウトしています。
それぞれの部屋には、ベッドとして使うロフトを設けています。
勉強机も置けて、収納スペースもあって、十分な広さかなと思います。
まだまだ小さなお子様なので、各室のドアは設けていません。


mik_6523.jpg

IMG_5959.jpg

3階のご夫婦 主寝室です。
右手には、ウォークインクローゼットを挟んで、旦那さまと奥さまそれぞれの小さな書斎を2つレイアウトしています。


IMG_6022.jpg

3階にプランされた洗面.脱衣室と浴室です。
ともに少しゆとりを持たせた大きさになっています。
子供3人も大丈夫かなと思います。


IMG_5997.jpg





bnr_mail.png

大阪の狭小住宅なら / 大阪の設計事務所 Coo Planning



大阪市の狭小住宅ならCoo Planningです。

 間口3メートルの狭小地に、設計させていただきました。
まずは、設計が完成したとして、工事が実施できるのか、事前に施工会社に確認する必要があります。
今まで、施工できないからやめた方がいい、という返答は一度もありません。
たいていは、厳しい条件で設計しているので、事前にOKをいただければ、あとは深く検討していくのみです。
 大阪市内の3階建てであれば、ほぼ地盤改良工事が必要になってきます。
地盤改良を行う重機は、サイズもそこそこ大きいので、ここで作業ができる、できないかが問われます。
地盤改良工事会社によって返答は異なり、できないところもあれば、できるところもあります。
 建築コストについても、いくつかの工務店に見積りを依頼し、とにかく予定金額に近づけます。
1社に絞り込んだ後、最終調整に入り、予定金額に到達させます。
 できない理由を探すのでなく、できる方法をとにかく探し続ける。
狭小地に限らず、条件の厳しい計画では、そんな姿勢が、完成するしないを、大きく分けていきます。


写真は、阿倍野の住宅(大阪市阿倍野区美章園にて)

正面外観の様子です。
左右の3階建て住宅と比べると、随分コンパクトにまとめられていますね。
間口の幅に比較して、高さがあり過ぎる場合、構造的にバランスが悪くなってしまいます。
”細長比”と言いますが、細長比が大きくなりすぎると、基礎に負担が掛かります。
負担を掛けるということは、それだけコストアップに繋がってしまいます。。
そのコストアップを避けるために、極力建物の高さを抑えて、細長比が大きくなることを防ぐことを考えています。
abeno_20171216_162954.jpg

1階のスペースの様子です。
限られたスペースを有効に使うことを考え、玄関と趣味の部屋を兼用しています。
間口の小さな家ですが、玄関にゆとりを持てせることで、来客にもゆったりと対応できるよう配慮しています。
aben010.jpg

階段の様子です。
コストダウンを考え、木製でシースル階段を製作しています。
シースルー階段は、下階まで光を落とすときに採用しています。

abe_20171213_142251.jpg

2階の子供部屋の様子です。
まだまだ小さいお子様なので、当分はワンルームで暮らします。
成長に合わせて間仕切り壁または、家具などで仕切ることを考え設計しています。
abe042.jpg

3階のLDKの様子です。
真ん中にレイアウトした、キッチン及びダイニングテーブルは、空間サイズに合わせてオーダーしています。
既製品のサイズが合わない場合は、オーダーで製作することで暮らしやすさを求めます。
ab308.jpg






bnr_mail.png





大阪の子育て世代の家づくり / 大阪の設計事務所 Coo Planning




子育て世代の家づくり。

 今までに設計監理をさせていただいた実施例を見ると、
小さなお子様がおられるご家庭が多いなって、改めて気づきました。
特に意識をしていた訳ではないのですが、”子育て世代の家づくり”が多いんだなと。
 共通しているのは、
ご依頼を受けるときは、びっしりとご要望の書かれた文書をいただくことは、まずなくて、
漠然と”かっこいい家”を求められるお施主さまが多いです。
私としては、単純に、”かっこいい家”をつくっていると思っていただけていることは、とても嬉しいことです。
 子育て世代の家づくりで共通していることは、予算が潤沢ではないことです。
これは、住宅ローンも含めて予算を融通できない、ということでなく、
やはり、これから必要になってくる子育てのために、お金を回そうということです。
私は、それが正解だと思っています。
家は、”住めば都”という言葉があるように、”どうやって暮らすか”ということが最も大切なことで、
暮らし方も含めたライフスタイルが、”かっこいい家”につながっていくんだと思っています。


写真は、天神橋の家(大阪市北区)
実施設計の最中に、赤ちゃんが誕生しました。
いずれ2人目も欲しいと希望されていたので、子供2人を想定して設計を進めました。

外観の様子。
TEN_4071.jpg

内観の様子。1階LDKスペースです。
te_3749.jpg

キッチンから玄関土間を見ています。
TE_3695.jpg

3階のテラスを見ています。

TEN_40160.jpg





bnr_mail.png




大阪のデザイン住宅なら 一級建築士事務所 Coo Planning




                                      
 
 
 

『憧れの都心の注文住宅を。』

地価の高い都市の土地。
敷地を横に広げることはできませんが、狭い敷地を上には伸ばせます。
そして上に伸ばせば伸ばすほど、利用価値が増えてきます。
建物が密集する場所での限られた土地を有効利用して、ずっと快適な暮らしを!
利便性と快適性を備えた憧れの都市の暮らしを。

良質で手の届くデザイン住宅を。
写真上:1階キッチンから玄関土間を見ています。
写真中:リビングから玄関土間を見ています。
写真下:3階の屋上テラスを見ています。



te_3695.jpg

te_4096.jpg

te_4164.jpg

 
 
 
家族、友達、仕事、ファッション、食べ物、旅行。
日々の暮らしを楽しむことに、興味が尽きることはありません。
もっと自分らしく。
 
建築設計事務所との家づくりを、もっと身近に。もっと楽しく。もっと丁寧に。



スクリーンショット 2015-12-23 14.10.24.png                           







 
          
 

12345678910

100件以降の記事はアーカイブからご覧いただけます。

▲PAGE TOP