カテゴリ

HOME > BLOG > デザイン住宅なら大阪の建築設計事務所[Coo Planning]へ。 > 天神橋の家ーサンワカンパニー オッソ

BLOG

< ずっと感動を与え続ける家をつくりたい。  |  一覧へ戻る  |  阿倍野の住宅ー現場打合せ >

天神橋の家ーサンワカンパニー オッソ



サンワカンパニーのH.Pにて、天神橋の家が紹介されています。

こちらをクリック ↓  ↓
妥協のない素材使いで、インダストリアルなLDK

IMG_355117.jpg

カテゴリ:

< ずっと感動を与え続ける家をつくりたい。  |  一覧へ戻る  |  阿倍野の住宅ー現場打合せ >

同じカテゴリの記事

デザイン住宅ー外壁について

外壁は、
ガルバリウム鋼板、レッドシダー板貼り、金属系サイディング、窯業系サイディング、
ジョリパッド吹付け、漆喰塗りなど、様々な仕上げに対応しています。


『ガルバリウム鋼板』は、板金で仕上げる方法でいろいろな葺き方がありますが、
長尺一文字葺きが多く採用されています。また、マットなブラックを指定されることが多いです。
その他では、瓦棒葺き、小波板葺きなどは、比較的に安価にデザインできることから採用実績があります。

『レッドシダー板貼り』は、大工さんが一枚一枚板材を貼り合わせていきます。
板の表情が一枚一枚異なり、また経年による塗装の様子も変えることで、経年変化を楽しめる素材です。

外壁メーカーが発売するサイディングには、金属系と窯業系があります。
『金属系サイディング』は、ガルバリウム鋼板が加工された商品で、メンテナンスに配慮しながらガルバリウムの質感を出すことができます。
また、板金で仕上げるより、比較的、安価に抑えることができるため、デザインとコストを両立する際に採用しています。

『窯業系サイディング』は、シンプルな外観をイメージする際には、フラットなセメント系を採用します。
よりフラットでシンプルな外観にデザインすることができます。
また、タイルや板貼り、塗壁などのテクスチャをもたせたサイディングを採用することがあります。
この場合は、グレードの高い商品をチョイスすることで、安っぽさを回避しています。

『ジョリパッド吹付け』は、アイカの商品名で、吹付けパターンとカラーの豊富さから採用しています。
コテ仕上げなどの特殊なパターンも揃っています。

最後に、『塗壁』があります。
いろいろな商品が出ているので、施工性やコストを考慮しながら、採用します。




ガルバリウム鋼板  長尺一文字葺き  ↓ ↓ 
DSC06301.S.jpg


ガルバリウム鋼板  こちらは、一文字葺き  ↓ ↓
IMG_311206.jpg


ガルバリウム鋼板  瓦棒葺き  ↓ ↓ 
IMG_091130.jpg


レッドシダー板貼り ↓ ↓
11152.jpg


金属系サイディング ↓ ↓
photo1101.jpg


セメント系サイディング ↓ ↓

IMG_161103.jpg


窯業系サイディング ↓ ↓
IMG_4942.jpg


ジョリパッド吹付け ↓ ↓
20708028_1660889150597585_728451603700088874_n.jpg


塗壁. 漆喰塗り ↓ ↓
IMG_2723.jpg



淀川区三国の住宅ー工務店の決定





淀川区三国の住宅  新築工事。


複数の工務店さまに依頼していた見積書が届きました。
お施主さまと相談の上、1社の工務店に決まりました。
11月初めの工事着工を目標に調整に入ります。


IMG_20170912_130747.jpg

デザイン住宅ーキッチンについて



キッチンは、
オーダーキッチン、セミオーダー、デザイン既製品、メーカー既製品で対応しています。

オーダーキッチン:KOBE STYLE キッチン、白坂悟デザイン事務所ほか
セミオーダー:ハンセム、キッチンハウスほか
デザイン既製品:サンワカンパニーほか
メーカー既製品:クリナップ、サンウェーブほか

以上のような感じで、プロジェクトごとに決めています。

決め方としては、
間取りにフィットしていることが最も重要だと考えていて、
オーダーキッチンが一番!というわけでもないです。
規格サイズ、規格形状、仕上げ、仕様などが既製品やセミオーダーにない場合は、迷わずオーダーで検討に入ります。
キッチンにかけられる予算を伝え、提案していただいています。


ステンレスフレームキッチンなどのオールステンレス製の場合は、
オーダーよりサンワカンパニーなどの既製品の方が、コストを抑えられ、またカッコよく決めることもできます。
下の写真は、サンワカンパニー オッソです。

NO157C04_gdetail_pc.jpg

こちらは、エクレアキッチンのステンレスフレームキッチンです。
間取りにあうサイズがあったこと、空間バランス的にもベストなことから決めています。

096.jpg


コストバランスを考えながら、既製品でも空間デザインを損なうことがなければメーカー既製品とします。

こちらは、メーカー既製品でもちょっと高めの WOODONEです。
お施主さまのご指定です。

IMG_121129.jpg

こちらは、メーカー既製品の中でもデザインが良い TOYOのキッチンです。
キッチンが中心になる間取りなので、家具のようなキッチンとしています。


IMG_0481155.jpg

こちらは、
キッチンスペースがリビングから独立した間取りだったこともあり、サンウェーブの壁付キッチンとしています。
キッチンでコストダウンを考え、その分をほかで充実させることを考えています。


04114.jpg

こちらは、キッチンハウスのセミオーダーキッチンです。
サイズがぴったりだったこと、メラミン化粧板でまとめられた面材が全体のデザインにあったことなど。


112.dining.jpg

こちらは、KOBE STYLE キッチンで製作いただいたオーダーキッチンです。
キッチンのサイズが特殊だったこと、シンクにこだわりを持ったことなど、オーダーでいきました。


fu_1110.jpg

こちらは、白坂悟デザイン事務所で製作いただいたオーダーキッチンです。
L型キッチン、カウンター、冷蔵庫.洗濯機の収納スペースなども合わせて、全てオーダーデザインしています。
さすがに、このくらいのボリュームになると、デザインを考えると既製品での対応は厳しいです。


IMG_4357.jpg


クライアントのご希望を伺いながら、その都度ベストを求めていきます。






尼崎の事務所ビルー庭づくり完了



尼崎の事務所ビル 新築工事。


建築工事の完了引渡のあと計画を進めていた、”外構及び庭園工事”が完了しました。
建物正面及びアプローチを、舗装タイルとたくさんの緑で仕上げられています。
建築場所は、尼崎から神戸市を結ぶ、山手幹線に面しています。

庭園計画.工事は、グリーンスペースさんで行っていただきました。



FB_IMG_1502629048490.jpg

20708089_1662037587149408_7336483260761861395_n.jpg

FB_IMG_1502629052776.jpg

尼崎の事務所ビルー庭園工事


尼崎の事務所ビル 新築工事。


本日から3日間の予定で、庭園工事が始まっています。
建物正面とアプローチに植栽を施していただきます。
庭園工事は、グリーンスペースです。



IMG_20170811_134447.jpg

IMG_20170811_134117.jpg

IMG_20170811_134109.jpg

IMG_20170811_134044.jpg

▲PAGE TOP