カテゴリ

HOME > BLOG > アーカイブ > 2017年12月アーカイブ

BLOG 2017年12月アーカイブ

大阪市 狭小 デザイン / 一戸建て 大阪 新築




3階スペースをみています。



阿倍野の住宅  新築工事(大阪市阿倍野区美章園にて)
木造3階建て住宅


3階は、LDKを配しています。

階段を上がって左手は、LDKのスペースとし、右手には、パントリーとトイレを配置しています。
扉で仕切らない、ワンルーム空間です。
3階全体の天井高さにゆとりを持たせ、計3つのトップライトで自然光を取り込んでいます。
キッチンとダイニングテーブルは、思い切ってオーダーで製作し、限られたスペースにぴったりとレイアウトしています。
冷蔵庫、家電、食器などの置場として、棚板をしっかり造作します。
ゆとりのパントリーを設け、多少のものは仕舞い込めるようにします。
床材は、杉の幅広を使い、ダイニングテーブルや棚板もそれに合わせてデザインしています。
照明は、シンプルなモーガルソケットとボール電球の組み合わせです。
壁につけたり、天井につけたり、天井から吊り下げたり、 ボール電球一つで、光の表情を変えています。
住宅ローンなので、予算は限られています。そう簡単に追加金額は出せません。。
工夫するのみです。



写真は、3階スペースを見ています。
1枚目:
階段を見ています。少しでも広く感じるように、
蹴込み板がないシースルー階段です。
回り部分は、上がりやすいように5段とし、幅広の設定にしています。
手摺は、階段幅が狭くならないよう、必要最小限の手摺を内側に設けています。スチールで製作しています。
2枚目:
階段室から、LDKを見ています。扉のないワンルーム空間としています。
3枚目:
階段室から、パントリーを見ています。扉付きなので、内部のものは隠せます。
4枚目:
LDKを見ています。思い切って製作したキッチンとダイニングテーブルです。
寸法を自由に設定できるので、狭小だからこそ、オーダー必須です。
5枚目:
窓側からダイニングキッチンを見ています。経年変化が楽しみな素材を使っています。
6枚目:
ダイニングテーブルは、脚部はスチールアングルでシンプルに構成しています。
キッチン面材は、フレキシブルボードを使い、セメントの表情に仕上げています。
7枚目:
パントリの奥に配したトイレを見ています。
天井が高い吊り下げ照明とし、グレーにまとめられたとても落ち着くトイレに仕上がっています。
8枚目:
正面外観を見ています。住宅の間口は、柱芯で2.4メートルです。
難しかった計画や、苦労した工事もなかったかのように、ただスッと立っている姿がカッコいい!


設計監理:一級建築士事務所 Coo Planning


IMG_5413.jpg

IMG_5215.jpg

IMG_20171213_142226.jpg

IMG_5149.jpg

IMG_5140 (1).jpg

IMG_5356.jpg

IMG_20171222_162038.jpg

IMG_2017100216_144530.jpg



阿倍野の住宅 / 2階スペースをみる / 大阪の狭小住宅




2階スペースを見ています。


阿倍野の住宅 新築工事(大阪市阿倍野区美章園にて)
2階のスペースは、寝室を中心として、洗面室.トイレ.浴室.バルコニーで構成しています。



写真は、外観と2階の様子を見ています。
1枚目:正面外観を見ています。アイカ ジョリパッドで塗装しています。
2枚目:階段から寝室側を見ています。
3枚目:寝室を見ています。アルミサッシの向こうは、バルコニーです。
4枚目:トイレを見ています。
5枚目:在来工法の浴室を見ています。ホーローのバスタブを使用し、タイルで仕上げています。
             壁及び天井は、アイカ バスフィットパネルで仕上げています。



一級建築士事務所 Coo Planning

IMG_20171216_162928.jpg

IMG_5536.jpg

IMG_5503.jpg

IMG_5476.jpg

IMG_543004.jpg

大阪市北区 新築 デザイナーズ 一戸建て / 家 設計 実例




                                      

建主のニーズを、建築家のこだわりが補う。


 
建主が投げかける様々な要望を受けとめ、それについて考えます。
ここでもコストバランスは大切で、破綻することのないよう、整理します。
完成まで行われるこの繰り返しの作業のことが、デザインというものです。



一級建築士事務所 Coo Planning



写真は、天神橋の家(大阪市北区国分寺にて)

1枚目:リビングからキッチン、玄関を見ています。黒壁の向こうは、トイレ.洗面.浴室を配しています。
2枚目:キッチンより、リビングを見ています。
3枚目:キッチンより、玄関土間を見ています。

IMG_3560.jpg

IMG_3610086.jpg

IMG_3601098.jpg


 

 
 




 
          
 

一戸建て 家 新築 大阪 / 間取り デザイナーズ




                                      
 
 
シンプルに考えることを心がけています。
 
 

 

間取り、素材、外観のカタチ、設備機器、お金など、
住宅を構成するパーツすべてについて、シンプルに考えたいと思っています。
シンプルに考えることで、実現させたいことがより明快に浮かび上がってきます。
その上で、魅力的な住空間をつくることを考えます。


一級建築士事務所 Coo Planning


写真は、狭山の家(大阪府大阪狭山市にて)

1枚目:南側外観を見ています。南側には、池が広がっています。
2枚目:2階リビングを見ています。遠くの景色を見渡せる大きな窓、壁面本棚が印象的な空間です。
3枚目:キッチンを見ています。床材は、経年変化することでより魅力が増すパイン材を敷いています。

sayama_200111.jpg

sayama_11016.jpg

sayama_11013.jpg


 

 
 

大阪市 旭区 住宅 デザイン / 新築 外観 人気




                                      
慎重に素材を選択しています。



外壁のブラックのガルバリウム鋼板。
長尺一文字葺きにすることで、黒一色の壁面に陰影があらわれます。
内部には、真っ白な部分とラーチ合板の荒い木目を混在させています。
それぞれが対比され、白色と木目が、お互いにより存在感を強めています。
また、水廻りには異素材のタイルを使用しています。
グレーの色調は、屋内/屋外のコートの床面モルタルとあわせています。

色で表現するのではなく、素材のもつ表情で、空間を表現することを考えています。 


一級建築士事務所   Coo Planning


写真は、旭区の家(大阪市旭区今市にて)

1枚目:正面外観を見ています。
2枚目:キッチンからダイニング及び玄関土間を見ています。
3枚目:リビングからダイニング及びキッチンを見ています。

fu_01.jpg

Photo_06.jpg

fu_0009.jpg


 
 
 





 
          
 

大阪 設計 デザイン / 一軒家 新築




                                      

”『デザイン』より『ソリューション』”
 


 
建築設計事務所で住宅を設計する上で、デザインはとても大きなウェイトを占めています。
ただし、デザインありきではありません。
もっとも重要なことは、ソリューション『解決策』です。
敷地条件や法令、ご要望、デザイン、様々な問い掛け。
これらは、”予算の範囲内”にまとめなければ、何の意味もありません。
だから、Coo Planning がもっとも大切にしている事柄は、ソリューション『解決策』です。
 

デザインよりソリューション解決策を!
一級建築士事務所  Coo Planning


写真は、阿倍野の住宅(大阪市阿倍野区美章園にて)

間口3メートル、奥行16メートルの敷地に計画された木造3階建て住宅です。
1枚目:正面外観を見ています。
2枚目:玄関を見ています。
3枚目:階段室を見ています。
4枚目:3階LDKを見ています。

IMG_20171216_162954.jpg

IMG_5609.jpg

IMG_5398.jpg

IMG_5260.jpg



 
          
 

関西 狭小住宅 間取り / 家 建築 デザイン



阿倍野の住宅。


木造3階建て住宅のあいだにある、この可愛い個人住宅は、
間口3メートル、奥行16メートルの細長い敷地に建てられています。
狭い間口や小さな敷地の設計経験はあるけれど、ここまでの細さははじめてです。
横並びの他の住宅は、ここまでの間口ではないので、
何かの事情があって、ここだけ間口3メートルの敷地がぽっかりと生まれた感じです。
そんなぽっかりと生まれた敷地に家族4人が暮らす可愛い家を建てさせていただきました。

もともと、ここには木造2階建ての建物が建っていて、お店として貸されていました。
建主さんは、建物が建っているのをみて、自分たちが暮らすイメージが湧きやすかったのかもしれません。
家を建てるに至る価値感には、さまざまな考えがあり、前例のない敷地だから設計ができない、ということはありません。
建主さんが、この地域、この場所を気に入り、またこの土地しかないと考えるのであれば、
この特殊な敷地条件を、むしろ前向きに捉えて、いかに暮らすかを考えていく。

とは言っても、プランニングとコストバランスを整えることは簡単ではない設計作業となりましたが、
土地探しから1年と半年と少しの期間をかけ、無事完成に至っています。


一級建築士事務所  Coo Planning

IMG_5694.jpg


大阪の狭小 デザイン 間取り / 家 おしゃれ



3階スペースを見ています。


阿倍野の住宅 新築工事  大阪市阿倍野区美章園にて。

狭小間口の3階は、LDKのスペースです。
スペースの真ん中に配置されたキッチンとダイニングテーブルは、オーダーで製作しています。
限られたスペースを有効に使うためにも、既製品で合わないサイズは、思い切って製作しています。
また、素材を考慮することで、製作価格を抑えます。
この住宅では、キッチンは、天板、面材をフレキシブルボードで合わせ、撥水剤で仕上げています。
モルタルのような質感に仕上がります。
ダイニングテーブルは、スチールアングルの脚を製作し、床材と合わせた杉板を厚みを持たせてのせています。
全体的にラスティックなイメージで仕上げています。





一級建築士事務所  Coo Planning

IMG_5152.jpg

大阪市淀川区 デザイナーズ 一軒家 / 家 おしゃれ



年内最後の現場打合せを行いました。



三国の住宅 新築工事  大阪市淀川区三国本町にて。


写真は、正面外観を見ています。
透湿防水シート及び縦胴縁の施工まで完了しています。
1月半ばより、外壁材の施工が始まる予定です。
ガルバリウム鋼板 一文字葺きです。色は、ブラック。

内部は、大工仕事と並行して、電気設備、給排水設備も進んでいます。
家具工事のオーダーキッチンやダイニングテーブルの製作に向けての図面打合せも行なっています。



IMG_20171228_140654.jpg


IMG_20171228_140722.jpg

大阪 狭小 建築 デザイン / 住宅 内装 デザイン



玄関を見ています。



阿倍野の住宅 新築工事  大阪市阿倍野区美章園にて。



この住宅は、建物の間口が2.4メートルの狭小間口の住宅です。
柱の中心間の寸法が2.4メートルなので、実際はもう少し狭くなります。
この住宅でいかに暮らすかを考えるところから設計が始まりました。
極力、壁や建具を設けず、ワンルームに近い状態でプランをすることは基本となりますが、
木造3階建てとなると、構造上、横方向の壁を設けなければ、構造設計が成り立ちません。
横方向の壁の位置をプランにうまく合わせることを考えます。

写真は、玄関を見ています。
壁一面に棚板を並べて、旦那様のコレクションのレコードを並べる計画です。
狭さを克服するには、部屋をいくつかの用途で兼用することを考えます。
スペースを小さく仕切るのでなく、兼用させて大きく見せることを考えます。



床材は、幅広の杉板を敷いています。
プランとしては、ここは土足OKとして考えています。
急な来客があっても、このスペースなら、ゆったりと対応ができます。


IMG_5609.jpg

真ん中の引き違いドアは、収納です。
極力、収納スペースを確保するよう頑張ってます。


IMG_5563.jpg

左手の引き戸の奥に、ウォークインクローゼット、階段室、寝室をプランしています。


IMG_5551.jpg


一級建築士事務所  Coo Planning



123

« 2017年11月 | メインページ | アーカイブ | 2018年1月 »

▲PAGE TOP