カテゴリ

HOME > BLOG > デザイン住宅なら大阪の建築設計事務所[Coo Planning]へ。 > シンプルに考えることーpure + simple.design

BLOG

< 素材を活かせる空間構成をー pure + simple.design  |  一覧へ戻る  |  白い箱と木の空間ー pure + simple.design >

シンプルに考えることーpure + simple.design

 

 
 
 
 
シンプルに考えることを心掛けています。
間取り、素材、外観のカタチ、設備機器、お金など、
住宅を構成するパーツすべてについて、シンプルに考えたいと思っています。
シンプルに考えることで、実現させたいことがより明快に浮かび上がってきます。
その上で、魅力的な住空間をつくることを考えます。



写真は、狭山の家(大阪府大阪狭山市にて)
1枚目:南側外観を見ています。南側には、池が広がっています。
2枚目:2階リビングを見ています。遠くの景色を見渡せる大きな窓、壁面本棚が印象的な空間です。
3枚目:キッチンを見ています。床材は、経年変化することでより魅力が増すパイン材を敷いています。
 

カテゴリ:

< 素材を活かせる空間構成をー pure + simple.design  |  一覧へ戻る  |  白い箱と木の空間ー pure + simple.design >

同じカテゴリの記事

替えのきかないプレミアムな住宅ー pure + simple.design

 

 
 
 
土地の購入に始まり、住宅ローン審査、建築設計、工務店の選定、地鎮祭、工事着工、
現場打ち合わせ、完成、引き渡し。
建築設計事務所との家づくりは、実に多岐にわたる検討が必要になります。
一つ一つの事柄について、しっかりと交通整理をして完成引き渡しまでの道先案内をします。
ここまで時間と労力をかけた住宅は、”替えのきかないプレミアムなもの”となって自分に返ってきます。

 
ホワイトを基調として、アルミサッシ、スチール階段などをブラックでまとめています。
床材や棚板は、杉足場板でまとめています。
1枚目:キッチンからリビングを見ています。
2枚目:キッチンから玄関土間を見ています。

一級建築士事務所 Coo Planning

d0111714_17264773.jpg

d0111714_17265662.jpg

白い箱と木の空間ー pure + simple.design

 

 
 

浜寺の家は、分譲住宅地に計画された個人住宅です。
いわゆる閑静な住宅に建てられています。
バランスのとれた白い箱が印象的な外観です。
玄関ドア、ヒサシ、窓、樹木、砕石敷き、照明、引き込みポールなど、全てを慎重にデザインしています。
内部空間は、外観を思い切り裏切るように、木目の表情豊かなラーチ合板を大胆にデザインに取り込んでいます。
繊細さと大胆さ。
力強い空間をデザインすることを考えました。


写真は、浜寺の家(大阪府堺市浜寺諏訪ノ森にて)
1枚目:正面外観を見ています。シンプルな白い箱。
2枚目:1階スペースを見ています。全てをラーチ合板でまとめています。
3枚目:1階スペース キッチンから階段を見ています。構造材を壁面本棚として魅せています。
照明は、モーガルソケットとボール電球でシンプルな明かりを。


一級建築士事務所 Coo Planning

d0111714_21134798.jpg

d0111714_21135831.jpg

d0111714_21141959.jpg


bnr_mail.png
 
 

素材を活かせる空間構成をー pure + simple.design

 

 

素材を活かせる空間構成を考えています。
写真は、自然素材で仕上げた木造2階建て住宅です。
天井は、梁材を、細く間隔を狭くし、リズミカルに連続させています。
梁及び天井材は、木の素材を感じられるクリア塗装で仕上げています。
壁は、自然素材壁紙のルナファーザーを、無塗装のままで仕上げています。
ルナファーザーは、DIYが可能な壁紙なので、好みに合わせたペンキ塗りもできます。
ブルーのペイントは、バターミルクペイントです。
自然素材の塗料で、たくさん使っても、塗装後のペンキの嫌な匂いが残らない優れものです。
大屋根の下に、いろいろなスペースが点在するようなイメージで空間を構成しています。
 
写真は、箕面の家(大阪府箕面市にて)
2階のスペースを見ています。
LDKを中心として、浴室、トイレ、洗面、2つの個室をレイアウトされています。
 
一級建築士事務所 Coo Planning

d0111714_21572346.jpg

d0111714_21573283.jpg

d0111714_21574210.jpg



                
 

素材の表情で空間表現しますー pure + simple.design

 

 
 

慎重に素材を選択することから始まります。
外壁のブラックのガルバリウム鋼板。
長尺一文字葺きにすることで、黒一色の壁面に陰影があらわれます。
内部には、真っ白な部分とラーチ合板の荒い木目を混在させています。
それぞれが対比され、白色と木目が、お互いにより存在感を強めています。
また、水廻りには異素材のタイルを使用しています。
グレーの色調は、屋内/屋外のコートの床面モルタルとあわせています。

色で表現するのではなく、素材のもつ表情で、空間を表現することを考えています。 



写真は、旭区の家(大阪市旭区今市にて)

1枚目:正面外観を見ています。
2枚目:キッチンからダイニング及び玄関土間を見ています。
3枚目:リビングからダイニング及びキッチンを見ています。
 
 

良質で手の届くデザイン住宅をー pure + simple.design

 

 

 
一品生産だからできる住宅のつくり方があります。

洋服で例えるなら、
頭の先からつま先まで誰もが知っているブランド品で揃えるようなオシャレではなく、

予算を踏まえて自分のセンスで選んでいくセレクトショップのようなオシャレです。

Coo Planningの家づくりも同じような感覚でつくっています。
全体の予算をアタマに入れながらも、
好きな箇所には100点を取るつもりでチカラを入れていく。
 
 
1枚目:
2階LDKより壁面本棚を見ています。
右手の大きな開口からは、大きな空が広がっています。
2枚目:
南側から見た外観の様子です。
3枚目:
キッチンより、大きな窓を見ています。 
4枚目:
屋上塔屋への階段から、LDKを見ています。
 
 
良質で手の届くデザイン住宅を。  一級建築士事務所 Coo Planning

d0111714_22125929.jpg

d0111714_22132014.jpg

d0111714_22134464.jpg

d0111714_22141046.jpg


bnr_mail.png

▲PAGE TOP