カテゴリ

HOME > BLOG > ここから始めよう家づくり!with Coo Planning > JUST DO IT. 火曜ラン〜うつぼ公園

BLOG

< デザイナーズ一戸建て 家 / 箕面市 注文住宅 間取り一級建築士事務所 Coo Planning  |  一覧へ戻る  |  大阪 家 新築ー大阪市阿倍野の狭小住宅 間取り 一級建築士事務所 Coo Planning >

JUST DO IT. 火曜ラン〜うつぼ公園









nrc-20180213_152718-stickered (1).jpg










カテゴリ:

< デザイナーズ一戸建て 家 / 箕面市 注文住宅 間取り一級建築士事務所 Coo Planning  |  一覧へ戻る  |  大阪 家 新築ー大阪市阿倍野の狭小住宅 間取り 一級建築士事務所 Coo Planning >

同じカテゴリの記事

大阪市内 小さな家の住宅デザイン / 大阪 建築設計事務所 一級建築士事務所 Coo Planning





限られた空間の中で、無駄をはぶき、簡素に美しく、
しかも実用を兼ね備えたものを考えることに、日本人は長けている。

                                 


都心には狭い敷地がたくさんあります。
親ゆずりの敷地を持っているけど、とても小さい。
どうしてもマイホームを持ちたいけど、予算上、狭い土地になりそうだ。
気に入ったエリアで見つけた土地があるけど、狭くて変形していて家が建つのだろうか。

こんな理由で、なかなか最初の一歩を踏み出せない方は多いんじゃないでしょうか。
Coo Planningでも、同じようなご相談を度々お伺いしています。
同じような一見条件の良くない土地であっても、最初の一歩を踏み出されたお施主さまは、
1年後にマイホームを完成されたりしています。
マイホームは、たとえローコストで建てたとしても、大きな大きな買い物に違いありません。
建てるにしても、建てないにしても、後悔しないように生きたいものですね。

 

写真は、阿倍野の住宅(大阪市阿倍野区美章園にて)
1枚目:
前面道路から外観全景を見ています。
間口が狭く難条件でしたが、何事もなかったようにスッと建つ姿がカッコいい住宅です。
2枚目:
玄関から1階スペースを見ています。
限られたスペースをうまく使うために、玄関と収納、趣味のスペースを兼ねることを考えています。
3枚目:
階段下を利用した1階の寝室から、玄関方向を見ています。
4枚目:
2階の寝室を見ています。
ベッドや家具を置くために、構造上可能な限りオープンなスペースを計画しています。
5枚目:
3階のLDKを見ています。
ここでも限られたスペースを無駄にならないよう、
寸法を自由に設定できる、キッチン及びダイニングテーブルをオーダーで製作しています。
キッチン背面の棚を造作し、可能な限り収納スペースを設計に盛り込んでいます。


 
 
 一級建築士事務所 Coo Planning                                     

126.jpg

006.jpg

025.jpg

048.jpg

067.jpg


bnr_mail.png







 
          
 

自分サイズの家がいい / 大阪 土地探しからのデザイン住宅 一級建築士事務所 Coo Planning






自分サイズの家がいい。


 
サイズもコストも“身の丈”なマイホームが、今どき家づくり世代のスタンダード。
無理しない、背伸びしない。
でも、家族と過ごす時間や自分のスタイルを
とことん楽しめる、ゆとりある家が欲しい。



写真は、大阪市旭区で建てられた個人住宅『旭区の家』です。

3方向を隣家に囲まれた狭小地に計画されています。
いかにプライバシを保ちながら、自然の光を取り込むかを考え設計されています。
下の写真は、1階のリビングスペースを見ています。
天井の高さは3メートル近くあります。
奥の大きなアルミサッシの向こうには、屋外のテラスを設けて、たっぷり光と風を取り込んでいます。
 
d011171004.jpg

下の写真は、同じく1階に設けた、洗面 . 浴室のサニタリースペースを見ています。
木の素材感を生かしたリビングスペースに対して、
水回りのスペースは、モルタル色の大判タイルで統一しています。
サンワカンパニーの手に入れやすい価格帯でチョイスしています。

fu_028.jpg

写真は、正面外観のようすです。
古い長屋が残る街並みの中、黒のガルバリウム鋼板でミニマルに仕上げています。
窓のない外観が印象的ですが、
内部は、自然の光で満たされている、というコンセプトで考えられています。

asahi01.jpg

 
 
  bnr_mail.png  
 









 
 
 
 

大阪 はじめての家づくり 設計事務所 一級建築士事務所 Coo Planning


 
 
 
 
”はじめての家づくり”
 
 
Coo Planning に設計を依頼するのは、既製の洋服やクルマを買うのとは根本的に違うものです。
モデルルームを見て、『こんな家を作って』というのでは、建売住宅を買うのと同じです。
建物を使う人との関係、周囲の環境との関係など、さまざまなことを考えて、
アイデアを出すのが建築設計事務所の本来の姿です。
そんな家づくりの専門家の知恵を上手に引き出して、オリジナルの家を一緒に考えましょう。
Coo Planning は、そんなところです!
 
 
                  
 
下の写真は、大阪府箕面市にある ”大阪府宅地分譲地 箕面森町” に建てられた『箕面森町の家』です。
木造で構成された、『平屋建て一部2階ゲストルーム』の個人住宅です。
敷地面積300平米(90坪)を超える大きな敷地ですが、そのほとんどが傾斜地で占められています。
土地情報はコチラからご覧いただけます。箕面森町 公式サイト
周辺には緑が多く、傾斜地の上から見下ろすと、遠くの山々が景色いっぱい広がっています。
斬新なような懐かしいような、そんな独特の佇まいが親しみを感じる住宅です。
箕面森町の家
 
DSC06773.jpg


下の写真は、傾斜地の上側に位置する、前面道路から見た外観のようすです。
こちらからの様子は、窓は必要最低限にとどめ、閉じた印象に見えるよう計画しています。
こうすることで、室内に入った時に、より景色の広がりが感じられるよう配慮しています。
屋根材は、アスファルトシングルという素材を使っています。色味が穏やかで綺麗な素材です。
ご相談から完成までのようすはコチラを!
 
DSC06770.jpg

 
傾斜地の下から外観を見ています。
写真は、完成引き渡し後、2年くらい経過した頃に撮影しています。
建築中は、左手はまだ更地でしたが、お家が完成しています。
隣の家との距離も離れているので、郊外ならではの建て方ができますね。
 
DSC06772.jpg


 
 
家族、友達、仕事、ファッション、食べ物、旅行。
日々の暮らしを楽しむことに、興味が尽きることはありません。
もっと自分らしく。

 
建築設計事務所との家づくりを、もっと身近に。もっと楽しく。もっと丁寧に。



                 top_btn_contact.gif   
                 お問い合わせはコチラ!
 
 
 
 
 
 
 
 

大阪市旭区 外壁のブラックのガルバリウム鋼板 / 大阪の注文住宅 一級建築士事務所 Coo Planning




                                      
慎重に素材を選択しています。



外壁のブラックのガルバリウム鋼板。
長尺一文字葺きにすることで、黒一色の壁面に陰影があらわれます。
内部には、真っ白な部分とラーチ合板の荒い木目を混在させています。
それぞれが対比され、白色と木目が、お互いにより存在感を強めています。
また、水廻りには異素材のタイルを使用しています。
グレーの色調は、屋内/屋外のコートの床面モルタルとあわせています。

色で表現するのではなく、素材のもつ表情で、空間を表現することを考えています。 


一級建築士事務所   Coo Planning


写真は、旭区の家(大阪市旭区今市にて)

1枚目:正面外観を見ています。
2枚目:キッチンからダイニング及び玄関土間を見ています。
3枚目:リビングからダイニング及びキッチンを見ています。

fu_01.jpg

Photo_06.jpg

fu_0009.jpg


家族、友達、仕事、ファッション、食べ物、旅行。
日々の暮らしを楽しむことに、興味が尽きることはありません。
もっと自分らしく。
 
 
                 top_btn_contact.gif   
                 お問い合わせはコチラ!
 
 
 





 
          
 

住宅 外観 デザインー土地探しからの家づくり 丁寧な暮らし / 大阪 住宅設計 一級建築士事務所 Coo Planning


 
 
 
 
 
 
敷地の立地、大きさや形状、家に掛けられる予算、間取り、性能、インテリア。
いざ家を建てようと考えだすと、あれこれ情報がありすぎて迷い悩みますね。
”長く使える良いもの”を基準に揃えていくと、
家も、”長く暮らせる良いもの”に仕上がっていきます。
 
 
 
木造2階建て スキップフロアの構成です。
外観は、真っ白なセメント系サイディングでミニマルにデザインしています。
それに対して内部空間は、隅々まで木材を活かした木の空間をつくっています。
木の持つ質感や模様が活かされるよう、使い方は慎重に選び抜かれています。
写真は、完成入居後1年と少しが経過した頃のものです。
キッチンやリビング、壁面本棚には、お施主さまの好みのモノが飾られ、
ずいぶんと家らしくなってきましたね。
 
下の写真は、LDKのようすです。
この家の中で、一番好きなアングルです。
南に面する大開口には、十字架をイメージした木枠をはめ込んでいます。
仕上げの板材は、少し濃い目の茶系で着色し、深みのある落ち着いた空間をイメージしています。
 
d0111714_212013157.jpg
 
下の写真は、壁面本棚を見ています。
本棚は、構造体の柱を利用しています。1階から2階へと連続的に繋げられています。
 
d0111714_15505188.jpg
 
下の写真は、正面外観のようすです。
四角い窓がランダムに配置されたミニマルな箱のデザインです。
 
d0111714_192620624.jpg
 
 

 
 

                 top_btn_contact.gif   
                 お問い合わせはコチラ!














 

▲PAGE TOP