カテゴリ

HOME > BLOG > アーカイブ > 2018年5月アーカイブ

BLOG 2018年5月アーカイブ

尼崎の事務所ビル 新築 / 大阪の設計事務所 Coo Planning




尼崎の事務所ビル

尼崎から神戸市を結ぶ、山手幹線に面した事務所ビルの設計監理をさせていただいてから、
1年と少しが過ぎました。

グリーンスペースさんに植樹していただいた植物も勢いよく育っています。
お施主さまには、毎日の水やりが日課になりますが、
大切に育てていただいていることが感謝です。




店舗デザインなら大阪の Coo Planning

IMG_20180525_111445.jpgのサムネイル画像

IMG_20180524_093700.jpg

IMG_20180524_093915.jpg

IMG_20180524_093902.jpg

IMG_20180524_093925.jpg

IMG_20180524_093733.jpg




 

大阪の設計事務所 子育て世代の家づくり / 大阪のデザイン住宅なら Coo Planning





子育て世代の家づくり。


シンプルに考えることを心がけています。
間取り、素材、外観のカタチ、設備機器、お金など、
住宅を構成するパーツすべてについて、シンプルに考えたいと思っています。
その上で、魅力的な住空間をつくることを考えます。


写真は、甲南の家(神戸市東灘区甲南山手にて)

1枚目:
正面外観を見ています。地下1階地上2階ロフト付きの個人住宅です。
黒のガルバリウム鋼板でシンプルに構成しています。
2枚目:1階から2階へのシースルー階段を見ています。木造階段とスチール手すりの組合せです。
3枚目:2階キッチンから、リビングダイニングを見ています。大きな開口で自然光を取り込んでいます。
4枚目:2階浴室を見ています。黒のタイルと白のバスタブを組合せています。



一級建築士事務所 Coo Planning

7kounan_01.jpg

7kounan_08.jpg

7kounan_10.jpg

7kounan_14.jpg




 
 
 bnr_mail.png                  







 
          
 

大阪の狭小住宅なら Coo Planning / 小さな家 無駄なく豊かに暮らす





限られた空間の中で、無駄をはぶき、簡素に美しく、
しかも実用を兼ね備えたものを考えることに、日本人は長けている。

                                 


都心には狭い敷地がたくさんあります。
親ゆずりの敷地を持っているけど、とても小さい。
どうしてもマイホームを持ちたいけど、予算上、狭い土地になりそうだ。
気に入ったエリアで見つけた土地があるけど、狭くて変形していて家が建つのだろうか。

こんな理由で、なかなか最初の一歩を踏み出せない方は多いんじゃないでしょうか。
Coo Planningでも、同じようなご相談を度々お伺いしています。
同じような一見条件の良くない土地であっても、最初の一歩を踏み出されたお施主さまは、
1年後にマイホームを完成されたりしています。
マイホームは、たとえローコストで建てたとしても、大きな大きな買い物に違いありません。
建てるにしても、建てないにしても、後悔しないように生きたいものですね。

 

写真は、阿倍野の住宅(大阪市阿倍野区美章園にて)
1枚目:
前面道路から外観全景を見ています。
間口が狭く難条件でしたが、何事もなかったようにスッと建つ姿がカッコいい住宅です。
2枚目:
玄関から1階スペースを見ています。
限られたスペースをうまく使うために、玄関と収納、趣味のスペースを兼ねることを考えています。
3枚目:
階段下を利用した1階の寝室から、玄関方向を見ています。
4枚目:
2階の寝室を見ています。
ベッドや家具を置くために、構造上可能な限りオープンなスペースを計画しています。
5枚目:
3階のLDKを見ています。
ここでも限られたスペースを無駄にならないよう、
寸法を自由に設定できる、キッチン及びダイニングテーブルをオーダーで製作しています。
キッチン背面の棚を造作し、可能な限り収納スペースを設計に盛り込んでいます。


 
 
 一級建築士事務所 Coo Planning                                     

126.jpg

006.jpg

025.jpg

048.jpg

067.jpg





bnr_mail.png


 

大阪のデザイン住宅 キッチンのリフォーム / 大阪市西区 一級建築士事務所 Coo Planning





生駒山荘の別荘 リノベーション ー 大阪府大東市にて


生駒山の麓で、平家建ての大きな中古住宅を購入され、内装のリノベーションをさせていただきました。
クライアントは、マカオ在住の外国人ご家族です。
インターネットを通じて、お問合せをいただき、設計デザインさせていただきました。
写真は、LDKの様子です。
全面的に改装しています。
ウォールナットの突板でデザインされたキッチンカウンターは、オーダーです。
ダイニングテーブル及びチェアは、飛行船スタイルにて製作しています。
黒を基調とし、ウォールナットの木目を大胆に取り込んでいます。


設計監理:一級建築士事務所 Coo Planning

IMG_4351.jpg

ik_4254.jpg

iko_4357.jpg

ik_4215.jpg

iko_4212.jpg


↓ こちらは、改装前のLDKを見ています。

rino_4645.jpg





bnr_mail.png


大阪市の設計事務所 木造3階建て賃貸アパート / 大阪市西区 一級建築士事務所 Coo Planning






賃貸ワンルームのアパートメントの設計監理をさせていただきました。
土地購入前からのご相談をいただき、建築計画、概算見積りと進み、
予算の都合がつくことを確認できた時点で、土地購入の契約に至りました。
敷地は、線路沿いの旗竿地と厳しい条件であるにも関わらず、
木造3階建て準耐火仕様 重層長屋の構成とし、7戸の住戸を計画しています。
賃貸である以上、予算をできる限り抑えるということにも、満足のいくレベルであったと思っています。
満室御礼のご報告をいただいています。


芦屋のアパートメント(兵庫県芦屋市打出町にて)

asiya_4308.jpg

1階の住戸を見ています。
アルミ引き込みドアで、ルームとサニタリースペースを仕切っています。
ドアを壁側に引き込むことで、オープンスペースとして使うことができます。

asi_4593.jpg

asi_4615.jpg

asi_4574.jpg







bnr_mail.png





大阪の土地探しからの注文住宅 / 大阪の設計事務所 Coo Planning




                             

『モノは最小限にして、上質であること。』

 
収納スペースが多いことが、収納上手に暮らすことにつながるでしょうか。
モノは最小限にして、上質でなければならず。
それを見極める選択眼も、収納上手になるために必要となりますね。
豊かさとは、モノが豊潤にあふれていることではなく、心の満たされている状態のこと。
余計なモノは捨て、余計な買い物はせず。。
これから家を新築しようと夢みる人にとっては、それもまた難しいかな。
 

写真は、浜寺の家(大阪府堺市に建つ木造2階建ての個人住宅です)
写真上:1階スペースを見ています。
写真中:1階スペースの壁面本棚のようすです。
写真下:1階タタミスペースを見ています。


一級建築士事務所 Coo Planning
 
_MG_023005.jpg

_MG_020027.jpg

_MG_0201142.jpg
 

 
 

 

大阪 堺市 子育て世代の家づくり / 大阪のデザイン住宅なら Coo Planning




気がつけば、子育て世代の家づくり。

 今までに設計監理をさせていただいた実施例を見ると、
小さなお子様がおられるご家庭が多いなって、改めて気づきました。
特に意識をしていた訳ではないのですが、”子育て世代の家づくり”が多いんだなと。
 共通しているのは、
ご依頼を受けるときは、びっしりとご要望の書かれた文書をいただくことは、まずなくて、
漠然と”かっこいい家”を求められるお施主さまが多いです。
私としては、単純に、”かっこいい家”をつくっていると思っていただけていることは、とても嬉しいことです。
 子育て世代の家づくりで共通していることは、予算が潤沢ではないことです。
これは、住宅ローンも含めて予算を融通できない、ということでなく、
やはり、これから必要になってくる子育てのために、お金を回そうということです。
私は、それが正解だと思っています。
家は、”住めば都”という言葉があるように、”どうやって暮らすか”ということが最も大切なことで、
暮らし方も含めたライフスタイルが、”かっこいい家”につながっていくんだと思っています。


写真は、浜寺の家(大阪府堺市にて)
お子様がまだ1歳のとき、住宅新築のご相談を伺いました。
いずれ2人目も欲しいと希望されていたので、子供2人を想定して設計を進めました。

外観の様子。
hara03301.jpg

内観の様子。1階LDKスペースです。
hera0012.jpg

ha_0242.jpg

ha_024427.jpg

中2階から、上2階を見ています。
子供部屋には、固定の間仕切りは設けず、可動引き戸で構成しています。
ライフスタイルに合わせて、オープンな暮らしができるよう配慮されています。
hamadera-coo006.jpg




bnr_mail.png




奈良でデザイン住宅を建てるなら / 大阪の設計事務所 一級建築士事務所 Coo Planning





生駒山荘   別荘リノベーション


売りに出されていた平屋建てを購入され、内装をリノベーションさせていただきました。
もともとは、地域の老人施設として利用されていた建物のようです。
リノベーションを終えた現在、外国人家族が、日本での滞在時に別荘として利用されています。
外国人家族のための住宅設計なんて、そうあるものじゃないので、出会いに感謝です。
暑い夏の日に、初めての現場調査に伺ったことが懐かしいです。
キッチンを中心に手を加える予定が、気づくとリビングダイニング、ダイニングテーブル&チェア、
和室、洗面、トイレ、浴室、離れ、ガレージと、広範囲に手を加えることができ、

新築なみの予算を任せていただき、大変貴重な経験をさせていただくことになりました。


写真は、リノベーション完了後のLDKを見ています。
ダイニングテーブル&チェアは、家具工事として、オーダーにて製作しています。
キッチンも、オーダーにて製作しています。
キッチン面材は、木目が美しいウォールナットでデザインしています。
床材及び壁紙は、すべて張り替えています。ブラックをベースにコーディネートしています。
照明器具は、いろいろ悩んで、西洋的でもなく東洋的でもない、マユハナをセレクトしました。



一級建築士事務所   Coo Planning

IMG_434997.jpg

IMG_439952.jpg

IMG_699897.jpg




大阪の狭小住宅なら / 大阪の設計事務所 Coo Planning




大阪市の狭小住宅なら

大阪市内からの新築のご依頼をお伺いすることが多くなっています。
限られた予算設定のなか、大阪市内で土地を探すとなると、やはりあまり大きな土地を望むことできません。
だから、郊外に暮らすのかとなると、都心の魅力を知っているご夫婦には、なかなか踏み切れませんね。
私もそんな都心好みな一人です。
だから、小さな敷地であっても妥協しない家を考えています。
いくつか大阪市内の狭小住宅を手掛けさせて頂いている間に、狭小住宅が得意分野になっています。
決して狙っていた訳ではないのですが、今までのお施主様のお陰ですね。


写真は、千代崎の家(大阪市西区にて)
8坪の狭小敷地に建てられた個人住宅です。
3層のフロアから成り立つ、木造2階建て スキップフロアの構成です。


外観の様子です。
1枚づつ張り上げた、板貼りで仕上げています。

tiyo.001.jpg

玄関引き戸で、シンプルな構成に仕上げています。
1bb738d69c96259dde0e6825c7027e2c.jpg

1階内観の様子です。
限られたスペースの中、4メートルの吹き抜けを設けることで、広がりのある空間を構成しています。
tiyo084.jpg

こちらも、1階の内観の様子です。
白い塗り壁とラーチ合板でメリハリよく仕上げています。
tiyo089.jpg

スチール階段を採用することで、自由なレイアウトを表現しています。
無駄に見えるスペースは、実は空間の余白となり、限られた空間に広がりを与えています。
tiyo090.jpg





bnr_mail.png




神戸市 東灘区 こどものいる暮らし / 大阪のデザイン住宅なら Coo Planning





子育て世代の家づくり。


シンプルに考えることを心がけています。
間取り、素材、外観のカタチ、設備機器、お金など、
住宅を構成するパーツすべてについて、シンプルに考えたいと思っています。
その上で、魅力的な住空間をつくることを考えます。


写真は、甲南の家(神戸市東灘区甲南山手にて)

1枚目:
正面外観を見ています。地下1階地上2階ロフト付きの個人住宅です。
黒のガルバリウム鋼板でシンプルに構成しています。
2枚目:1階から2階へのシースルー階段を見ています。木造階段とスチール手すりの組合せです。
3枚目:2階キッチンから、リビングダイニングを見ています。大きな開口で自然光を取り込んでいます。
4枚目:2階浴室を見ています。黒のタイルと白のバスタブを組合せています。



一級建築士事務所 Coo Planning

7kounan_01.jpg

7kounan_08.jpg

7kounan_10.jpg

7kounan_14.jpg




 
 
 bnr_mail.png                  







 
          
 

123

« 2018年4月 | メインページ | アーカイブ | 2018年6月 »

▲PAGE TOP