カテゴリ

HOME > BLOG > 注文住宅なら大阪の建築設計事務所[Coo Planning]へ。 > 大阪市内に暮らす 身の丈なマイホームづくり / 大阪の設計事務所 Coo Planning

BLOG

< 大阪市で狭小住宅の設計をしています / 大阪の設計事務所 Coo Planning  |  一覧へ戻る  |  インターネットを通した家づくり / 大阪の設計事務所 Coo Planning >

大阪市内に暮らす 身の丈なマイホームづくり / 大阪の設計事務所 Coo Planning






自分サイズの家がいい。


 
サイズもコストも“身の丈”なマイホームが、今どき家づくり世代のスタンダード。
無理しない、背伸びしない。
でも、家族と過ごす時間や自分のスタイルを
とことん楽しめる、ゆとりある家が欲しい。



写真は、大阪市旭区で建てられた個人住宅『旭区の家』です。

3方向を隣家に囲まれた狭小地に計画されています。
いかにプライバシを保ちながら、自然の光を取り込むかを考え設計されています。
下の写真は、1階のリビングスペースを見ています。
天井の高さは3メートル近くあります。
奥の大きなアルミサッシの向こうには、屋外のテラスを設けて、たっぷり光と風を取り込んでいます。
 
d011171004.jpg

下の写真は、同じく1階に設けた、洗面 . 浴室のサニタリースペースを見ています。
木の素材感を生かしたリビングスペースに対して、
水回りのスペースは、モルタル色の大判タイルで統一しています。
サンワカンパニーの手に入れやすい価格帯でチョイスしています。

fu_028.jpg

写真は、正面外観のようすです。
古い長屋が残る街並みの中、黒のガルバリウム鋼板でミニマルに仕上げています。
窓のない外観が印象的ですが、
内部は、自然の光で満たされている、というコンセプトで考えられています。

asahi01.jpg

 
 
  bnr_mail.png  
 









 
 
 

カテゴリ:

< 大阪市で狭小住宅の設計をしています / 大阪の設計事務所 Coo Planning  |  一覧へ戻る  |  インターネットを通した家づくり / 大阪の設計事務所 Coo Planning >

同じカテゴリの記事

インターネットを通した家づくり / 大阪の設計事務所 Coo Planning





クライアントとのフラットな関係を。


インターネットという情報ネットワークは、建築家とクライアントの関係をフラットなものにします。
以前のようなクライアントから先生と言われた一段上の専門家の立場から、
対等な人としての専門家という立場に変化してきています。

つまり、情報を持っていることで存在価値があった専門家の能力ではなく、
フラットな人間関係のなかで、家づくりを先導する能力が必要とされていると思います。
このように今までにないリーダーシップが建築家に求められているのだと思います。



写真は、宝塚の家(兵庫県宝塚市中山寺にて)
1枚目:スキップフロアの2階LDKをテラスから見ています。
2枚目:ダイニングからリビングを見ています。
3枚目:オーダー製作のアイランドキッチンを見ています。
4枚目:キッチンからリビングダイニングを見ています。
右手には、3階への階段があります。

一級建築士事務所 Coo Planning

takar_2400.jpg

takar_1200.jpg

takar_150110.jpg

takar_140110.jpg



                
 

大阪市で狭小住宅の設計をしています / 大阪の設計事務所 Coo Planning



大阪市の狭小住宅ならCoo Planningです。

 間口3メートルの狭小地に、設計させていただきました。
まずは、設計が完成したとして、工事が実施できるのか、事前に施工会社に確認する必要があります。
今まで、施工できないからやめた方がいい、という返答は一度もありません。
たいていは、厳しい条件で設計しているので、事前にOKをいただければ、あとは深く検討していくのみです。
 大阪市内の3階建てであれば、ほぼ地盤改良工事が必要になってきます。
地盤改良を行う重機は、サイズもそこそこ大きいので、ここで作業ができる、できないかが問われます。
地盤改良工事会社によって返答は異なり、できないところもあれば、できるところもあります。
 建築コストについても、いくつかの工務店に見積りを依頼し、とにかく予定金額に近づけます。
1社に絞り込んだ後、最終調整に入り、予定金額に到達させます。
 できない理由を探すのでなく、できる方法をとにかく探し続ける。
狭小地に限らず、条件の厳しい計画では、そんな姿勢が、完成するしないを、大きく分けていきます。


写真は、阿倍野の住宅(大阪市阿倍野区美章園にて)

正面外観の様子です。
左右の3階建て住宅と比べると、随分コンパクトにまとめられていますね。
間口の幅に比較して、高さがあり過ぎる場合、構造的にバランスが悪くなってしまいます。
”細長比”と言いますが、細長比が大きくなりすぎると、基礎に負担が掛かります。
負担を掛けるということは、それだけコストアップに繋がってしまいます。。
そのコストアップを避けるために、極力建物の高さを抑えて、細長比が大きくなることを防ぐことを考えています。
abeno_20171216_162954.jpg

1階のスペースの様子です。
限られたスペースを有効に使うことを考え、玄関と趣味の部屋を兼用しています。
間口の小さな家ですが、玄関にゆとりを持てせることで、来客にもゆったりと対応できるよう配慮しています。
aben010.jpg

階段の様子です。
コストダウンを考え、木製でシースル階段を製作しています。
シースルー階段は、下階まで光を落とすときに採用しています。

abe_20171213_142251.jpg

2階の子供部屋の様子です。
まだまだ小さいお子様なので、当分はワンルームで暮らします。
成長に合わせて間仕切り壁または、家具などで仕切ることを考え設計しています。
abe042.jpg

3階のLDKの様子です。
真ん中にレイアウトした、キッチン及びダイニングテーブルは、空間サイズに合わせてオーダーしています。
既製品のサイズが合わない場合は、オーダーで製作することで暮らしやすさを求めます。
ab308.jpg






bnr_mail.png




収納上手に暮らす モノは最小限にして、上質であること / 大阪の設計事務所 Coo Planning




                             

『モノは最小限にして、上質であること。』

 
収納スペースが多いことが、収納上手に暮らすことにつながるでしょうか。
モノは最小限にして、上質でなければならず。
それを見極める選択眼も、収納上手になるために必要となりますね。
豊かさとは、モノが豊潤にあふれていることではなく、心の満たされている状態のこと。
余計なモノは捨て、余計な買い物はせず。。
これから家を新築しようと夢みる人にとっては、それもまた難しいかな。
 

写真は、浜寺の家(大阪府堺市に建つ木造2階建ての個人住宅です)
写真上:1階スペースを見ています。
写真中:1階スペースの壁面本棚のようすです。
写真下:1階タタミスペースを見ています。


一級建築士事務所 Coo Planning
 
_MG_023005.jpg

_MG_020027.jpg

_MG_0201142.jpg
 

 
 
 

HOUSING by SUUMO 2018 9月号 で箕面の家が紹介されています / 大阪の設計事務所 Coo Planning




箕面の家 新築工事ー箕面市にて


上下階のボリュームを変えて、三角形の敷地形状を強調

三角形で1メートルの高低差があるという変形地に計画された、店舗併用住宅。
来客用の駐車スペースが必要だったため、1階の建物は限られた。
だが、その条件を活かし、上下階のボリュームとカラーリングに変化をつけてユニークなデザインに。
張り出した2階の黒いボリュームが敷地の特性を物語り、個性を放つ外観となっています。

屋根:ガルバリウム鋼板 縦平葺き
外壁:セメント系サイディング+一部ジョリパット塗装、ガルバリウム鋼板一文字葺き


一級建築士事務所 Coo Planning

IMG_310028.jpg

IMG_320003.jpg

IMG_2750.jpg

IMG_2666.jpg

IMG_3262.jpg





 bnr_mail.png  



 

デザインよりソリューション(解決策)です / 大阪の注文住宅 Coo Planning




                                      

 
 
”『デザイン』より『ソリューション』”
 
 
建築設計事務所で住宅を設計する上で、デザインはとても大きなウェイトを占めています。
ただし、デザインありきではありません。
もっとも重要なことは、ソリューション『解決策』です。
敷地条件や法令、ご要望、デザイン、様々な問い掛け。
これらは、”予算の範囲内”にまとめなければ、何の意味もありません。
だから、Coo Planning がもっとも大切にしている事柄は、ソリューション『解決策』です。
 
 

良質で手の届くデザイン住宅を。


箕面の家 新築工事

IMG_0257.jpg

IMG_0522.jpg


 

 
『衣食足りて次は住だ!』
 
家族、友達、仕事、ファッション、食べ物、旅行。
日々の暮らしを楽しむことに、興味が尽きることはありません。
もっと自分らしく。今より、自分らしく暮らしたい!
そんな知的行動力にあふれた人たちの視線の先は、『住宅』へ。
 
本気でリアルなデザイン住宅.狭小住宅の家づくり計画なら
       少数精鋭の建築設計事務所 [一級建築士事務所 Coo Planning]
 
 
 bnr_mail.png                  





 

▲PAGE TOP