カテゴリ

HOME > BLOG > アーカイブ > 注文住宅なら大阪の建築設計事務所[Coo Planning]へ。の最近のブログ記事

BLOG 注文住宅なら大阪の建築設計事務所[Coo Planning]へ。の最近のブログ記事

夙川での新築計画 / 大阪の設計事務所 Coo Planning






少し前にご相談をいただいていた新築計画について書いてみます。
阪急 夙川駅から徒歩10分ほどの好立地の敷地での計画です。
土地価格も周辺と比べ、格段に安い設定だったのですが、
その理由として、旗竿地であることと、線路沿いである、?付きの土地でした。
このような敷地に住宅を建てることができますか?というご相談をいただきました。
早速、現地で待ち合わせをし、実際に現地確認を行いました。
阪急 夙川駅から川沿いの緑豊かな道を歩き、川沿いから1本入った通りに敷地を見つけました。
周辺は、閑静な住宅街で、大きな住宅が並び、
確かに、同じ道沿いの旗竿でない土地価格は、1億円近い価格設定となっていました。
旗竿地については、クルマの駐車スペースがクリアできれば、特に支障はありません。
今回の敷地の場合は、工事車両の進入についても、全く心配がない周辺条件でした。
敷地の大きさについても、心配されていましたが、家族3人で暮らすには、全く支障のないレベルでした。
写真を添付していますが、道路の向こうには、川沿いの緑が広がっていて、プランに活かせそうです。
もっとも気にされていたのは、線路に面しているということでした。
甲陽線の単線で、しかも通過速度もかなりゆっくりだったため、
私としては、それほど気になるレベルではないかと思いましたが、これについては、人それぞれ感じ方があるので、
絶対問題ないとは言い切れない、ところです。

現地確認の後、早速プランの検討にかかり、何度かメールでの交換を行いながら、
最終プランが添付の平面図です。
この間が、10日ほど。かなりハイペースですが、納得いくプランにたどり着きました。
2階のLDKは、とても居心地の良い空間になることが想像できます。

ところが、です。
依頼主さまも、土地購入を決めようかと考えていた矢先に、不動産会社から、
別の方が購入を決められた、との電話があったと夜にメールをいただきました。。
さすがに人気のエリアだけあって、売れるのが早いです。
こういった経緯で、土地購入を逃してしまうのは初めてだったので、
今後の注意事項として教訓です。
現在、土地探しは進行中です。



夙川周辺でのデザイン住宅の新築なら 一級建築士事務所 Coo Planning

夙川の計画案.png

IMG_20180310_115253.jpg

IMG_20180310_115327 2.jpg




 

デザイナーズ住宅 新築一戸建て / 大阪市内 土地探しからの注文住宅 一級建築士事務所 Coo Planning




                                      
 

 
一品生産だからできる住宅のつくり方があります。

洋服で例えるなら、
頭の先からつま先まで誰もが知っているブランド品で揃えるようなオシャレではなく、

予算を踏まえて自分のセンスで選んでいくセレクトショップのようなオシャレです。

Coo Planningの家づくりも同じような感覚でつくっています。
全体の予算をアタマに入れながらも、
好きな箇所には100点を取るつもりでチカラを入れていく。




良質で手の届くデザイン住宅を。
 
IMG_40096.jpg

IMG_41072.jpg
 

 
 
家族、友達、仕事、ファッション、食べ物、旅行。
日々の暮らしを楽しむことに、興味が尽きることはありません。
もっと自分らしく。
 
 
                






         

新築 外観 デザインー丁寧な暮らし 間取り / 大阪府 堺市 注文住宅 一級建築士事務所 Coo Planning


 
 
 
 
 
 
敷地の立地、大きさや形状、家に掛けられる予算、間取り、性能、インテリア。
いざ家を建てようと考えだすと、あれこれ情報がありすぎて迷い悩みますね。
”長く使える良いもの”を基準に揃えていくと、
家も、”長く暮らせる良いもの”に仕上がっていきます。
 
 
 
木造2階建て スキップフロアの構成です。
外観は、真っ白なセメント系サイディングでミニマルにデザインしています。
それに対して内部空間は、隅々まで木材を活かした木の空間をつくっています。
木の持つ質感や模様が活かされるよう、使い方は慎重に選び抜かれています。
写真は、完成入居後1年と少しが経過した頃のものです。
キッチンやリビング、壁面本棚には、お施主さまの好みのモノが飾られ、
ずいぶんと家らしくなってきましたね。
 
下の写真は、LDKのようすです。
この家の中で、一番好きなアングルです。
南に面する大開口には、十字架をイメージした木枠をはめ込んでいます。
仕上げの板材は、少し濃い目の茶系で着色し、深みのある落ち着いた空間をイメージしています。
 
d0111714_212013157.jpg
 
下の写真は、壁面本棚を見ています。
本棚は、構造体の柱を利用しています。1階から2階へと連続的に繋げられています。
 
d0111714_15505188.jpg
 
下の写真は、正面外観のようすです。
四角い窓がランダムに配置されたミニマルな箱のデザインです。
 
d0111714_192620624.jpg
 
 

家族、友達、仕事、ファッション、食べ物、旅行。
日々の暮らしを楽しむことに、興味が尽きることはありません。
もっと自分らしく。
 
 

                 top_btn_contact.gif   
                 お問い合わせはコチラ!








 
 
 

建築 デザイン 住宅設計 / 大阪の狭小住宅 間取り 一級建築士事務所 Coo Planning






住宅のプランを構成する上で、階段は重要なポイントになってきます。
階段の置き方によって、プランの方向性は大きく変わります。
特にコンパクトな住宅では、階段から考えると言っても良いくらいです。
より自由に表現したい時は、スチール階段で設計します。
部材を細くできるので、とにかく軽やかです。
写真は、1階の吹抜から3層目まで連続させたスチール階段です。
鋭角なプランの隅にコンパクトにまとめています。
とてもカッコよく仕上がっています。



千代崎の家(大阪市西区にて)

tiyo084.jpg

tiyo089.jpg

tiyo090.jpg




bnr_mail.png



関西 家 一戸建て 新築 外観 おしゃれ / 関西の設計事務所 一級建築士事務所 Coo Planning



                                     


 
敷地の条件は、言うまでもなく、最もプランニングに影響を与えます。
多くの場合、
希望の地域にあって、予算の範囲にある敷地から選ぶ、という選択の余地しかありません。。
地域によっては、選択数が多いこともありますが、
人気のエリアでは、なんとか希望(予算)に合う敷地を見つけることで、
精一杯なのが現状ではないでしょうか。

建主さんは、当初描いた希望の敷地より、小さかったり、不整形だったりすると、
ネガティブに思っているかもしれないけど、
私は、与えられた敷地条件を、そんなにネガティブに捉えることはありません。
すぐに、どう建てようかなって、考え始めてます。

敷地が小さいとか、変形しているとか、傾斜があるとか、周りを建物に囲まれているとかは、
計画する上での難しさはありますが、そのことを条件が悪いと考えることはありません。
また予算が限られていることも、それだけで条件が悪いと考えることはありません。
私とともに、建主さんが、その条件を受け入れてくれることで、よりよいプランに仕上がっていきます。

難条件を試行錯誤のなか、完成した住宅は、どこにも存在しない素敵な住宅です。


写真は、阿倍野の住宅(大阪市阿倍野区美章園にて)
1枚目:正面外観を見ています。建物間口は、2.4メートルと今まで最小です。
2枚目:玄関から内部を見ています。
3枚目:2階の寝室を見ています。床は、ラワン合板 ウレタン塗装仕上げです。
4枚目:3階の階段からLDKを見ています。
5枚目:キッチンからリビングダイニングを見ています。
キッチンとダイニングテーブルは、オーダー製作です。


一級建築士事務所 Coo Planning

1234.jpg

001 (1).jpg

046.jpg

064.jpg

066 (1).jpg





bnr_mail.png



 

おしゃれ 家 一級建築士事務所 Coo Planningー大阪市北区 土地探しからの都心の注文住宅を




                                      
 
 
 

『憧れの都心の注文住宅を。』

地価の高い都市の土地。
敷地を横に広げることはできませんが、狭い敷地を上には伸ばせます。
そして上に伸ばせば伸ばすほど、利用価値が増えてきます。
建物が密集する場所での限られた土地を有効利用して、ずっと快適な暮らしを!
利便性と快適性を備えた憧れの都市の暮らしを。

良質で手の届くデザイン住宅を。
写真上:1階キッチンから玄関土間を見ています。
写真中:リビングから玄関土間を見ています。
写真下:3階の屋上テラスを見ています。

IMG_3701.jpg

IMG_3740.jpg

IMG_4157.jpg

 
 
 
家族、友達、仕事、ファッション、食べ物、旅行。
日々の暮らしを楽しむことに、興味が尽きることはありません。
もっと自分らしく。
 
建築設計事務所との家づくりを、もっと身近に。もっと楽しく。もっと丁寧に。



スクリーンショット 2015-12-23 14.10.24.png                           







 
          
 

注文住宅 内装 デザインー30代で建てる注文住宅 箕面市 一級建築士事務所 Coo Planning




                                      
 
 
『 30代で家を建てよう!』

 
個人の住宅だから、常識破りのプランでも、自分たちさえ納得できれば、OK。
家族の関係がよければ、どんな空間も住みこなせます。
都市の住宅は、敷地も予算も難条件は普通のこと。
Coo Planningは、そんな想いに対して、常にまっすぐに向き合います。


良質で手の届くデザイン住宅を。
 
IMG_32069.jpg

IMG_30278.jpg

IMG_30290.jpg
 

 
 
家族、友達、仕事、ファッション、食べ物、旅行。
日々の暮らしを楽しむことに、興味が尽きることはありません。
もっと自分らしく。
 
 
建築設計事務所との家づくりを、もっと身近に。もっと楽しく。もっと丁寧に。



スクリーンショット 2015-12-23 14.10.24.png                           







 
          
 

新築 間取りー心地よい暮らし 土地探しからの注文住宅 大阪 一級建築士事務所 Coo Planning




                             

『モノは最小限にして、上質であること。』

 
収納スペースが多いことが、収納上手に暮らすことにつながるでしょうか。
モノは最小限にして、上質でなければならず。
それを見極める選択眼も、収納上手になるために必要となりますね。
豊かさとは、モノが豊潤にあふれていることではなく、心の満たされている状態のこと。
余計なモノは捨て、余計な買い物はせず。。
これから家を新築しようと夢みる人にとっては、それもまた難しいかな。
 

写真は、浜寺の家(大阪府堺市に建つ木造2階建ての個人住宅です)
写真上:1階スペースを見ています。
写真中:1階スペースの壁面本棚のようすです。
写真下:1階タタミスペースを見ています。


一級建築士事務所 Coo Planning
 
_MG_023005.jpg

_MG_020027.jpg

_MG_0201142.jpg
 

 
 



 

大阪 家 新築ー大阪市阿倍野の狭小住宅 間取り 一級建築士事務所 Coo Planning


 
 
 
日々を積み重ね、年月を経ることで、自分自身の趣向や家族との関係など
予定通りに行くことはありませんね。
家族構成の変化がおきた時点で、途端に生活が窮屈になるような家は建てれません。
余裕がある敷地であれば、多少の融通は利きますが、都市の住宅には、
敷地にもコストにも、余裕などどこにもありません。
必死で考え、何度も考え直していく中で、光る答えは見えてくるもの。
出し惜しみせず、一つ一つの住宅と向き合うことが Coo Planning の仕事です。
 
 
写真は、阿倍野の住宅(大阪市阿倍野区美章園にて)
『概要』
木造3階建て住宅
建物間口:2.4m 奥行:11.375m
敷地面積:48.80m2
建築面積:27.30m2
延床面積:79.72m2 
 
1.2枚目:
3階には、LDKのスペースを配置しています。
スペースを無駄なく使うため、キッチン及びダイニングテーブルは、オーダーで製作しています。
キッチン背面の棚板など、造作で製作しています。
3枚目:
正面外観を見ています。正面以外は、隣家にギリギリの距離で面しています。
地盤改良工事及び、構造計算を実施し、構造計画とプランニングの両方向から設計を行っています。
4枚目:
玄関から1階の様子を見ています。
たくさんの収納棚を造作し、玄関以外の用途を兼ねて、スペースを無駄なく使うことを考えています。
5枚目:
2階の寝室を見ています。窓の向こうは、バルコニーです。
 

一級建築士事務所 Coo Planning

066.jpg

073.jpg

1234.jpg

011.jpg

01144.jpg



                
 

関西 建築設計事務所 / 一級建築士事務所 Coo Planning








自分サイズの家がいい。
サイズもコストも“身の丈”なマイホームが、今どき家づくり世代のスタンダード。
無理しない、背伸びしない。
でも、家族と過ごす時間や自分のスタイルを
とことん楽しめる、ゆとりある家が欲しい。



写真は、大阪市旭区で建てられた個人住宅『旭区の家』です。
完成までの様子はコチラを!
3方向を隣家に囲まれた狭小地に計画されています。
いかにプライバシを保ちながら、自然の光を取り込むかを考え設計されています。
下の写真は、1階のリビングスペースを見ています。
天井の高さは3メートル近くあります。
奥の大きなアルミサッシの向こうには、屋外のテラスを設けて、たっぷり光と風を取り込んでいます。
 
d011171004.jpg

下の写真は、同じく1階に設けた、洗面 . 浴室のサニタリースペースを見ています。
木の素材感を生かしたリビングスペースに対して、
水回りのスペースは、モルタル色の大判タイルで統一しています。
サンワカンパニーの手に入れやすい価格帯でチョイスしています。

fu_028.jpg

写真は、正面外観のようすです。
古い長屋が残る街並みの中、黒のガルバリウム鋼板でミニマルに仕上げています。
窓のない外観が印象的ですが、
内部は、自然の光で満たされている、というコンセプトで考えられています。

asahi01.jpg

 
 
 
 
top_btn_contact.gif   
 お問い合わせはコチラ!









 
 
 

 

1234567891011

« 初めての住宅設計! with Coo Planning | メインページ | アーカイブ | 狭小住宅なら大阪の建築設計事務所[Coo Planning]へ。 »

▲PAGE TOP