HOME > ABOUT PRICE

ABOUT PRICE

013844.jpg

設計監理料とは

設計監理料とは、相談~土地確認(土地探し~住宅ローン審査用平面図~住宅ローン確定)~ 基本設計~設計契約~実施設計~見積り~工務店契約~工事監理~引き渡し~アフターフォローまでの、『家づくりの一連の作業』に対して、Coo Planningからお客さまにいただく報酬です。


新築時のご相談の多い『延床面積30坪前後』の注文住宅

ここでは、一般的なご家族構成での、新築時のご相談の多い事例として、『延床面積30坪前後』の個人住宅の場合で、『具体的な設計料』のご説明をいたします。


総工事費(消費税除く)の10%+消費税と統一 ※

結論から言えば、『延床面積30坪前後の個人住宅』であれば、 それに掛かる『設計料』は、『総工事費(消費税除く)の10%+消費税』と統一しています。
具体例として例えば、『消費税を除く総工事費が2000万円』であれば、 設計料は200万円+消費税16万円となり、合計216万円となります。

※ 2800万円以上の住宅については、総工事費の10%程度とし、建物の規模、難易度によって異なりますが、お客さまのご予算に応じて柔軟に対応致します。

結論『延床面積30坪の個人住宅』の場合 消費税を除く総工事費が2000万円であれば

延床面積について

延床面積とは、2階建て住宅であれば、 『1階の床面積』と『2階の床面積』を足し合わせた面積のことをいいます。


30坪表示について

30坪表示とは、おおよそ1坪=3.3㎡として計算されます。
30坪となるとおおよそ『100㎡』となります。


総工事費について

総工事費とは、最終的に施工を請け負う工務店と取り交わす、 工事請負契約書に添付される、御見積書による最終決定の金額です。
一般的には、共通仮設工事費・建築工事費・設備工事費・外構工事費・諸経費などで構成されております。
さらにその各項目毎に、木製建具工事・金属製建具工事・塗装工事などと各工事毎で分けられ、 金額がわかりやすく表示されています。
それぞれの物件・建て主様により異なりますが、
例えば、『エアコン』や『照明器具』など、施工後に建て主さま自身が量販店などで購入され、設置される場合もあります。
そのような場合は、その商品は、別途扱いとなります。


総工事費2000万円以下の場合について

総工事費2000万円以下の場合は、設計監理料は『一律200万円+税』とさせていただいています。
が、総工事費にもよりますので、ご相談に応じたいと思っています。

但し、『総工事費2000万円以下』の場合

構造計算費用について

CooPlanning では、構造計算を実施することで、より安全性に配慮した建築をつくっています。
建築基準法によると、『鉄筋コンクリート造、鉄骨造、3階建て木造、混構造』を除く(木造平屋建て、木造2階建て)構造には、
構造計算書の提出は義務付けされていませんが、より安全性に配慮することを第一に考え、構造計算を実施しています。
 

構造計算費用については、別途15〜40万程度と物件規模及び計画難易度により異なりますが、
2〜3の構造事務所を比較し、打ち合わせの上、安全性及び価格面を考慮し決めさせていただいています。



スクリーンショット 2015-12-23 14.10.24.pngのサムネイル画像


▲PAGE TOP