HOME > WORKS > 住宅設計/千代崎の家 新築工事 > 狭小住宅 大阪市西区ー狭く息苦しい間取りからの開放。

WORKS

< 大阪市西区 狭小住宅に暮らす  |  一覧へ戻る  |  狭小デザイン 大阪市西区ーくつろぎのサニタリー空間です! >

狭小住宅 大阪市西区ー狭く息苦しい間取りからの開放。






狭く息苦しい間取りからの開放。
これこそ、狭小住宅の設計の醍醐味です!




1階スペースの天井高さは、4メートルと大きくとり、2階へとつづく階段を、
途中、踊り場のある中2階を介して上2階まで、ぐるっとまわしています。

狭く息苦しい間取りから、どのように開放させるのか考えています。
答えは、同じものはなく、その都度、最適な間取りを探しだします。
心掛けているのは、視線の届く距離を出来るだけ遠くさせたい、ということです。
千代崎の家のように敷地8坪と狭く、しかも1階にガレージのご要望がある場合は、平面の広がりを見つけることが難しくなり、ゆえに大きな吹抜けを設け、高さ方向の視線の届く距離をとる方向で間取りを組み立てます。
またそれ以上に距離がほしい場合、この家のようにスキップフロアを用いることで、家全体を見渡せるような構成を考えます。



スクリーンショット 2015-12-13 13.56.47.png

スクリーンショット 2015-12-23 14.10.24.png












< 大阪市西区 狭小住宅に暮らす  |  一覧へ戻る  |  狭小デザイン 大阪市西区ーくつろぎのサニタリー空間です! >

カテゴリ:

▲PAGE TOP