HOME > WORKS > 住宅設計 大阪ケース8(狭小地)/木造2階建てスキップフロア/大阪市西区 > 立体的に構成された住空間!

WORKS

< くつろぎのサニタリー空間です!  |  一覧へ戻る  |  時を経て価値を高めてゆくもの! >

立体的に構成された住空間!






立体的に構成された住空間。
白の壁に対比された、ラーチ合板の模様。
さまざまな角度から入り込む、自然光。
この住宅は間違いなく、Coo Planningの自信作です!




大阪市内 8坪の敷地に、3層にわけてスペースを与えています。
玄関を兼ねた1階スペースにおおよ4.5メートルの吹抜け空間を設けています。
中2階のスペースには、階段踊り場と浴室などの水廻りを設け、
吹抜けに面した階段を上がって、上2階へつながっています。
上2階には、主寝室と屋上テラスが、間仕切り壁なしで配されています。

アルミサッシで仕切られた上2階のスペースは、
この家で最も見通せるスペースでもあり、
とても8坪の敷地であるとは思えない広がりを感じることができています。


スクリーンショット 2015-12-13 13.56.47.png

スクリーンショット 2015-12-23 14.10.24.png


< くつろぎのサニタリー空間です!  |  一覧へ戻る  |  時を経て価値を高めてゆくもの! >

カテゴリ:

▲PAGE TOP