HOME > WORKS > 住宅設計 大阪ケース11(二世帯)/3階建て2世帯住宅/大阪府池田市 > 二世帯住宅の建築に至った経緯です。

WORKS

< 間口が狭く奥行の長い敷地の二世帯住宅です。  |  一覧へ戻る  |  階段と廊下を経由して各室に行くプランです。 >

二世帯住宅の建築に至った経緯です。








お電話をいただいたのが始まりでした。
現在、所有の敷地に賃貸マンションと個人住宅が建てられている中で、
その敷地の空いている場所に2世帯住宅を新たに作りたい、というご相談でした。
まずは、現地確認の予定をし、後日現地でお話しを交わす、という経緯でした。
現地を見ながら、新たに建てたい場所を確認させていただいたところ、
想像以上に間口が狭く、また既存の建物の一番奥に建てることになるため、
工事車両の搬入などが厳しい現状でした。
私からの提案は、現在の個人住宅が、二世帯住宅を新築後に解体を予定していると伺い、それでは、先に既存の個人住宅を解体し、その跡地に二世帯住宅を新築してはどうか、と提案させていただきました。
結果、その提案を受け入れていただき、既存住宅の解体工事から始まった、という経緯です。






スクリーンショット 2015-12-19 8.48.42.png


スクリーンショット 2015-12-23 14.10.24.png

< 間口が狭く奥行の長い敷地の二世帯住宅です。  |  一覧へ戻る  |  階段と廊下を経由して各室に行くプランです。 >

カテゴリ:

▲PAGE TOP