HOME > WORKS > 住宅設計 大阪ケース10(狭小地)/屋上テラスのある狭小住宅/大阪狭山市 > ペニンシュラ型のキッチンレイアウト。

WORKS

< みんなが集まるリビングを!  |  一覧へ戻る  |  こと(行為)のデザインをすること! >

ペニンシュラ型のキッチンレイアウト。

『建築概要』
用途:個人住宅 
構造:木造2階建て+塔屋付き屋上テラス
用途地域 : 近隣商業地域 / 準防火地域
敷地面積 : 72.29㎡(セットバック後)
建築面積 : 51.76㎡
延床面積 : 103.74㎡
壁:ラワン合板 素地仕上げ
床:無垢フレンチボルドーパイン170幅ハイグレード 蜜蝋ワックス掛け
天井:ラワン合板 素地仕上げ
ペニンシュラキッチン:ハンセム システムキッチンセミオーダー
照明:アサヒクリアボール球
造作本棚:ラワンランバーコア 素地仕上げ

キッチンからリビングをみています。
天井の高さを3.5メートルとし、ゆとりある空間を目指しています。
ペニンシュラ型のキッチンは、南の大きな窓に向かって配されています。
空間を特徴づける大きな窓からは、遠くの空まで見通すことができます。
雲の流れや、朝、昼、夜と空の色が変わっていくようすが今までより身近になり、
季節の移り変わりを自然と感じられるようになっていきます。

スクリーンショット 2015-12-12 22.31.06.png

スクリーンショット 2015-12-23 14.10.24.png

< みんなが集まるリビングを!  |  一覧へ戻る  |  こと(行為)のデザインをすること! >

カテゴリ:

▲PAGE TOP