top of page
  • 執筆者の写真中尾彰良

大阪の注文住宅 建築家 / Coo planning

更新日:2023年7月12日


前回に続き、大阪市住吉区東粉浜での住宅設計監理の様子をお届けしています。

住吉大社が近くにある住宅街の一角を購入され、設計依頼のご相談をいただきました。

奥に広がった土地で、道路側のスペースには、2台分の駐車スペースを確保し、

その奥に、木造2階建て住宅を計画しています。

画像は、前面道路から見た、正面外観の様子です。

内部の大工工事と並行して、外部の構造用合板の施工が進められています。

玄関ポーチを兼ねたバルコニーを張り出させ、その上部には深い軒をつくっています。


外壁の下地は、通気工法を採用していて、

構造用合板を施工した後、透湿防水シートを隙間なくビスとめしていきます。

その上に、通気用の胴縁材を打ち付けていきます。

通気層を確保した上で、外壁仕上げ材の施工を行っていきます。


現場の進捗に沿って、現場確認を行うことで、設計図通りの施工を行い、

また、現場での質疑事項に対して、現場監督と打ち合わせを行うことで、

出戻りのない、間違いない作業を行っています。


一級建築士事務所 クープランニングは、大阪市西区の京町堀を拠点に、

大阪の注文住宅 建築家として、

様々なエリアで設計監理を手掛ける、建築設計事務所です。

住宅の新築のご計画の際には、実施の有無にかかわらず、

まずは気軽にお話から聞かせていただければと思っております。



上棟が終わり、これから内部の大工仕事が進められます。
大阪市内で建築中の木造2階建て住宅です。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page