• 中尾彰良

経年変化を楽しむ家


パインの床材と、ラワン合板で構成された内装です。

建築して入居後すぐは、素材の白々しさが気になるかもしれませんが、

暮らしを重ねていくことで、どんどん深みが増してくる、そんな家が素敵です。

家族みんなでにぎやかに楽しんだり、

子供たちが寝る頃に、夫婦二人でゆっくり過ごしたり。

いい家だなぁと、しみじみ感じられることは、家を長持ちさせる秘訣です。


添付写真:狭山の家(大阪狭山市)



閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示