• 中尾彰良

宝塚市中山寺のデザイン注文住宅の新築。緩やかなスキップフロアでスペースをつなぐ。

更新日:2019年4月10日



住宅設計室 クープランニング

大阪市西区京町掘を拠点に、住宅の設計監理業務を手掛けています。



敷地にある1メートルの高低差を利用した空間構成で、プランがまとめられています。

緩やかなスキップフロアで、各スペースを繋いでいます。


半地下で構成された地下の”2つの就寝スペース及び納戸”。

細長いフロアを半分に分けたスキップフロアで構成された1階下の”玄関と仕事スペース”。

同じくスキップフロアで構成された、1階上と2階下の”LDKスペース”。

同じくスキップフロアで構成された、2階上の”洗面.浴室と屋外テラス”。

そして、最上階3階の2つの子供部屋で構成されています。


上下階は、ドアで仕切られていないので、上階のテラスからの自然光が下階に降りてきます。半階ずつスペースがずれて構成されているので、つながりが楽しく感じます。

敷地が細長い変形地なので、各スペースには、同じカタチの部屋がありません。

いつまでも楽しく暮らせる家になっています。


その他の完成事例は、下記リンクのWEBサイトから参照いただけます。


兵庫県宝塚市中山寺 宝塚の家

一級建築士事務所 Coo Planning


16回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示