top of page
  • 執筆者の写真中尾彰良

設計事務所と建てる大阪の注文住宅



大阪市住吉区 東粉浜の住宅 基礎配筋検査


一級建築士事務所 Cooplanning(クープランニング )中尾彰良が、木造2階建て住宅の新築工事の現場監理の様子をお届けしています。今回は、ベタ基礎の配筋検査です。


大阪市では、木造2階建て住宅の場合、検査機関による基礎の中間検査はありませんが、

瑕疵担保保険の基礎検査は実施されます。また、同時に工務店の現場監督と設計事務所による配筋検査を実施しています。建物の配置などは、配筋前に行っていますので、ここでは、

鉄筋の配筋が、構造図面の通りに施工されているかのチェックを行います。

鉄筋には、部位によって鉄筋径が異なりますので、径のチェックと、本数のチェックを行います。また、部位によって、基礎梁の形状も異なりますので、形状のチェックを行います。


この検査のあと、基礎底盤のコンクリートの打設が実施されます。

底盤のコンクリートが固まってから、基礎立ち上りの型枠およびアンカーボルトの設置が行われます。設計事務所の業務は、これらの各工事工程が、図面通りに実施されていることを確認し、不具合箇所については、その都度是正を行うことで、品質を保っています。

ご依頼くださったお客様が安心して暮らしていただけるよう、施工会社さんと協力しながら、住宅の工事を進めています。


住宅新築のご計画の際には、お気軽にご相談をお待ちしています。

土地探し、土地購入前からのご相談で、お受けさせていただくことが多いです。

LINE、ホームページのチャット、またはメールアドレスからお気軽にお寄せくださいませ。



閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page