• 中尾彰良

大阪のデザイン住宅 新築。都心の梅田に近い環境のなか、落ち着いた暮らしやすい住空間をつくることができています。

更新日:2019年4月3日


大阪市淀川区で設計監理をさせていただいた新築一戸建て住宅です。

正方形に近い平面形状でまとめることができた、市内の住宅では恵まれた敷地条件で建てられています。夫婦+子供3人の5人家族のための住宅です。

3人の子供部屋をまとめるのに、いろいろ考えましたが、クライアントの希望の中に、

1階にLDKというのがあったことで、1階LDKを中心に、プランをまとめることを考え始めました。3方向が建物に囲まれている大阪市内の狭小地では、1階にLDKを配置すると、自然光の取り入れ方が厳しくなるケースが多くなります。この住宅では、リビングに面して小さな庭のスペースを確保することで、LDKに自然光を取り込み、明るい住空間をつくることができています。


また、LDKには吹抜けを取り入れ、2階に計画した3つの子供部屋と上下に繋がる構成としています。3階には、洗面.浴室及び室内物干しスペース、主寝室を計画しています。

都心の梅田に近い環境のなか、落ち着いた暮らしやすい住空間をつくることができています。




大阪市淀川区 三国の住宅

一級建築士事務所 Coo Planning


1階ダイニングキッチンを見ています。

キッチン及びダイニングテーブルは、Coo Planning オリジナルで製作しています。

中庭には、この後、植樹を行い、緑のある暮らしを実現させています。






2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示