• 中尾彰良

間口が狭いので、階段下も有効に。


間口の限られた敷地での設計です。

家族4人暮らしの住まいです。

居住スペースを確保すると、3階建ての構成となります。

居住スペースの確保と、住空間の広がりは、いつも考えることです。

狭小地のような特に限られた敷地では、どちらかに寄せた計画も良いと考えます。

思い切るということも、狭小住宅の設計では、大切な要素の一つだと考えます。


添付写真:阿倍野の住宅


閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示